忍者ブログ
(日記やら写真やらコメント返し等をさせていただく場所です@ツッコミ等ございましたら気軽にどうぞv)
[123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [115]  [114]  [113]  [112
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

北方水滸伝終盤になってきた
もう15巻読み終わっちゃったよ

※以下ネタバレ
※すごいネタバレ
※ほんとにネタバレ注意れす


14~16巻、人死にすぎですよ北方先生
けど格好いい!
志を貫きながら、その人らしく散るからこそ、深く印象に残る
とくに穆弘
穆弘は、最後まで穆弘だった!
穆弘のいない梁山泊は、何だか違和感で、物足りないのですがね

逆に柴進さんと、はい宣さんは暗殺で死んだだけに悔しい
シブンキョーも青連寺も憎い
でも、孫新を殺したのは、間違いなく青連寺ではなく楽大娘子と孫立夫婦の愚かさだと思う
孫立は梁山泊の中で一人だけ嫌い


一番死んでしまったのを受け入れたくなかったのは、楽和
梁山泊から楽和の唄声が聞こえなくなってしまうんだと思うと、寂しい。
それでも最後まで楽和は楽和で、沢山の仲間の中で歌いながらの最後だったのは、本当に良かった。
ちょう蓋さんや楊志とはまた違った意味で、沢山の人の心に残って、消えないと思う。
楽和本当に皆から好かる将校だったんだなぁと感じました
楽和は最後まで優しかった。
宋清さんも、最期に楽和が近くにいて、
心に留めていた想いを、最後に誰かに話すことができて、
自分が命がけで守ろうとした物を共に守る人がいて、
そんな中での死で、救われただろうなと思いました。
馬麟が最後に何も言わずにうつむいた所で泣いて止まらなかった。
歌と笛で、最後に何か語っていたのでしょうか。

好きな人物がいなくなって辛い展開が続きましたが、面白い話も沢山あったのも、14~16巻。
史進素っ裸事件(14)
阮小七と李立酔い潰され事件(16)
黄信黒いヘンな物吐き出し事件(15)
などなどw
有難う史信、大いに笑ったw
この辺の、キャラの掛け合いが面白すぎるよ!
こだいそうと孫二娘から必死で逃げ出そうとして、逆に絡まれる小七と李立が不憫すぎるw
とりあえず、水軍燃えー!!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
(10/10)
(10/10)
(09/29)
(09/29)
(08/02)
バーコード
忍者ブログ [PR]