忍者ブログ
(日記やら写真やらコメント返し等をさせていただく場所です@ツッコミ等ございましたら気軽にどうぞv)
[121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [108
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

北水、7巻まで、進んだ。衝撃。それ以上は、駈けることはできなかった。

衝撃のあまり北方文体で失礼します。
嘘ですごめんなさい。
(北水水滸伝のネタバレ有ります。注意)


北様、どうして元小五(漢字でなくてすみません)を……。
少華山に派遣軍師に来ていなければ、先駆隊の指揮をしていなければとか色々ありますが、本当に何故
陳達の逃亡辺りから泣いて、とまらなかったです。
はなすすりながら、姉に訴えたところ、北様も元小五の死んだ理由が分からなかったとか。
読者の皆さんも、かなり度肝を抜かれた場所らしいです。

策に嵌められてとか、憎い敵に討たれて独りでとか、厳し終わり方ではなく
ちょうがいさんや陳達、仲間に見送られながらの最後だったのが、救いです。


石秀の時もひたすら泣きました。
でも、石秀は散り方が物凄く格好良かったですね。
後に、楊令が致死軍の剣を抱えていると書いてあって、石秀はちゃんと生き続けてるんだなあと思えて良かった。
致死軍に関しての思いも、整理した後だったし、
悔いのない、武人らしい死に様がすごく潔くて格好よかった!
ただ、石秀は致死軍にいられなくなってしまうほど、
心の底から優しい人物だったんで、いなくなってしまった時の消失感もものすごかったです

とか、色々とへこんではおりますが、やはり、北方水滸伝は凄いです!面白い!
しかしながら、上で述べた事がかなりの痛手で、朝から止まってしまっているのですが。
そろそろ戻りますか
ここからがかなりの盛り上がり所らしいのですが進むのも怖いです。
北水の登場人物はみんな魅力的なだけにショックも大きいんれす


あ、ちなみに画像は水滸伝トランプ(笑)です



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
(10/10)
(10/10)
(09/29)
(09/29)
(08/02)
バーコード
忍者ブログ [PR]